【メンタルハック】最高のリフレッシュ方法

 

こんにちは、まきしです。

 

1年程前から夫の影響でガジェットやSNSに興味を持ち始め、生活に関わるツールから取り入れはじめたのですが、生活が変わりました。

 

電子決済
モバイルSuica
スマートスピーカー…などなど。

 

ツールの中には時短できたり、無駄を省けるようになり銀行の振込やチケットの購入には並ばなくなるなど、日々の小さなストレスが激減したのです。

お金の振込に外に出なくてもいいですし、並ばなくても良いのです。体調悪い時なんで特に外に出たくないですし、誰とも会いたく日なんでざらにあります。

ストレスを軽減していくツールがあれば使わない手はないですよね。
また、ツールだけで軽減できないストレスはこまめに発散する事で体調につながってきます。

 

うつ病や精神疾患に限らず、日々溜まっていくストレスを意識して発散していく事が良いですし、自分は何をしたらリフレッシュできるのか、どんなことがストレス発散につながるのか知る事もとても大事です。

 

みなさんがストレスがたまった時の対処の方法は何ですか?

 

無意識で出来ている方もいらっしゃれば、あまり対処方法はないなと感じる方もいるのではないでしょうか。

 

 

では、どんな方法があるのか。

 

あわせて、人とあまり会わずに自身のペースでリフレッシュ出来る方法があれば知りたいと思いませんか?

 

この記事はこんな方におすすめ
ストレス対処方法があまりない方
ストレス発散がしにくい方
人とあまり関わりたくない、外で一人ゆっくりしたい方
気兼ねなく自然を満喫したい。という方にお勧めです。

 

※リフレッシュは個々に感じ方も違いますし、体調や環境も異なります。
体調が悪い時は無理せず、主治医や専門の方の相談しながら進めていただく事をお勧めします。

 

最高のリフレッシュ方法 自然療法

「森林浴」や「森林セラピー」という言葉があるように、森の中に身を置くことはストレスホルモンのコルチゾールが減少し、リラックスにつながるという研究結果が出ています。

 

日々の緊張状態から解放する時間を持つ事で、ストレス解消にもつながりうつ症状のある方にも有効です。(うつ病の私にはとっても効きました)

 

ただ、自然、森林浴といっても近場にはないし人の多いところに行くのはストレスで億劫と感じる事もあります。

今回、実際に私が行った時のリフレッシュ方法をもとにご紹介させていただきます。

 

1時間ほどで行ける場所を探す

コロナ禍で夫婦共に在宅勤務となり、意識的に取り入れていたリフレッシュ時間が無く疲労が蓄積しやすい環境。
夫に相談し、リフレッシュ休暇をもらいました。

 

移動にあまり負担をかけず、近場で海、山、川の自然へ。

 

電車やバス、新幹線で1時間ほどで、到着する場所を選ぶと疲れにくく、到着してからも動けるくらいの余力ができ良いです。

 

今回私は新幹線で行ける軽井沢を選択しました。
都心から1時間10分くらいです。

 

軽井沢といえば「避暑地」「アウトレット」「自然」などなど観光スポットとして有名ですよね。
今回は観光というより、静養として自然を満喫しようと選んでいますが、車を運転しない私は、行動範囲が限られます

 

タクシーはどこへでも行けますが、待機時間や都度呼んで移動するのも疲れます。。
また、お金もかかるしと考えるわけです。

 

ということで現地到着後、車がなくても十分にリフレッシュできるポイントもあわせて紹介させていただきます。

 

おすすめツール
えきねっと
北陸新幹線はeチケットサービス(ペーパーレス)でSuica同様、携帯をかざすだけで新幹線の改札を通ることができるため、チケット売り場に並ぶこともなくストレスフリーで時間を有効に使えます。

また、早い時期に予約することで50%~10%の割引になることもありますのでとってもお得です。

 

レンタサイクル


©Photo by Viktor Keri on Unsplash

 

リフレッシュが目的の場合は自然や風を身体全体で感じられる事が重要です。
ハイキングもとても良いですし気持ち良いのですが、より疲れにくいサイクリングをお勧めします。

 

自然を満喫できるスポットにはレンタサイクルのお店がたくさんあり、時間の貸し出しや、場所によっては日ごとの貸し出しなど様々なプランがあります。
営業時間にもよりますが、なるべく早い時間から借りていいただき朝の自然を満喫していただきたいです。

 

今回なぜ軽井沢を選んだかというと、早朝サイクリングです。
宿泊プランに「レンタサイクル付き」があり、朝、夜時間制限なく使用できるということで、今回の目的にぴったりでした。

 

調べてみるとレンタサイクルを併用していたり、レンタサイクル付きプランのあるホテルはたくさんあります。
金額や自転車の種類など様々ですので、気になった方は問い合わせてみてください。

 

車で行かれる方は、小さな折り畳み自転車などを積み込んで準備するもの良いですね。

レンタサイクルのメリット・デメリット

一人で気兼ねなく好きな時間にサイクリングができる事、朝の森は空気もおいしく、ひんやりした風も心地よく人もほとんどいません。最高です。

 

駅から5㎞以上離れた場所へ行く場合(自転車で約30分以上かかります)は交通機関をお勧めしますが、5㎞圏内でしたらコインロッカーやホテルに荷物を預けて、2~3時間ほどレンタサイクルで自転車を借りサイクリングするだけでも気持ちがすっきりしそうです。

 

レンタサイクルのメリット
・気兼ねなく過ごせる
・朝でも夜でもに好きな時間に出かけられる
・待ちの時間が少ない

 

もちろんデメリットもあり、場所や時期によっては難しい場合も出てきます。

 

レンタサイクルのデメリット
・季節によってはとても寒く防寒対策が必要
・雨天時は地面が滑りやすいので危ない
・長距離、長時間は疲れやすい

自然を満喫する


今回私は朝7時にホテルを出て、早朝の森を満喫してきました。


お借りした自転車はシティサイクルタイプで、私にはぴったりでした。ロードバイクに乗れたら更に気持ちよさそうですね。

 

10月の上旬で朝の気温が8℃くらい。(もう冬です…)
都心が20℃くらいでしたので、服装は悩みました。

 

森の中をゆっくり進んで、時折歩いてみる。
土のにおいや鳥の声、ひんやりした風がとても心地よいです。

7時開店のSAWAMURA、自然に囲まれた場所で好きなパン屋さん。とても癒されます。
早い時間でしたので、お客さんも1組、2組ほど。

 

1時間ほど読書をしながらゆったり過ごします。
8時半くらいになると徐々にお客さんが増えてきましたので、サイクリングに戻ります。

 

またしばらく、森の中をゆっくり進み、写真を撮ったり細い道を散策したり目的なく歩きます。
人とすれ違うこともあまりなく、大自然を独り占めしているような感覚でした。

 

出発して3時間ほどでホテルに戻り、少し疲れたので休憩をしました。
気持ちがよく調子が良いと「もっと楽しみたい」と気持ちが逸りますが、少し物足りないくらいでちょうどよく、無理をしない事が大事です。

まとめ

今回は『最高のリフレッシュ方法 自然を満喫』についてまとめてみました。

 

時間や周囲を気にせず、自分のペースで自然を満喫し最高のリフレッシュです。

 

休職や療養していると、どこかに出かけたりすることが後ろめたくなることがあります。
「休んでいるのに遊びに行ってと思われるのではないか…。」と思って躊躇してしまう事も。

 

個人的に活動が可能な時期に入ったら、リラックスできるところに出かけた方が良いと思っています。


帰ってきてからより疲れて何もできないといった事もあるかもしれませんが、不安や緊張から解放された気持ちになる事や、リフレッシュしたと感じられる事も心身の回復につながるのではないでしょうか。

 

まだハードルが高いなと感じられた方は自転車でなくても、近くの自然に触れる、近くを散歩するなど自身が心地よいと感じられることから始めてみるのはいかがでしょうか。


また、リフレッシュ方法が見当たらない方、ストレスコントロールが難しいと感じられる方の少しでも参考やヒントになれば嬉しいです。

 

 

最後まで見ていただきまして、ありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。